Woman life style[ウーマンライフスタイル]|
婚活~お見合い、プロポーズ、結婚まで
女性のライフスタイルごとに紹介するサイト

menu
2021/05/28

2021年最新!婚約指輪事情

キーワード , , , , ,

2021年最新版、婚約指輪に流行ってあるの?

一生に一度の思い出になる、高い贈り物ですから、とことんこだわりたいですよね。

あまりに流行に乗りすぎると、のちのちつけているのが恥ずかしいかも・・・

でもあまりに時代遅れな形も避けたいものですよね。

最近のおしゃれな花嫁さんはどんな指輪を選ぶのでしょうか?

 

① まずは自分の指に合った形を

手の大きさ・厚み、指の長さ・細さは本当に十人十色。気を付けたいのが、関節の太さや、むくみがちな時間帯によっても似合う雰囲気が変わってくるという事。また、年齢を重ねると細くなることよりも圧倒的に太くなる人の方が多いそう。サイズ直しがしやすいかどうかも要確認です。

手が大きくて指がゴツゴツしている人には、存在感のある太めのリングも似合うでしょう。ただ、最近の傾向はそんなに太さのないものなので、すっきりと見えるデザインが人気です。ストレートのデザインはスタイリッシュに見えます。

手が小さくて指が華奢な人は、細さを活かしたリングがきれいです。ただ、細すぎてもファッションリングに近くなってしまい、特別感が下がってしまうので気を付けて。ウェーブも似合うのが特徴。なるべく指に沿ったデザインを選ぶことで、つけている不自然さが目立ちません。指の太さの8割以上を占めてしまうくらいのダイヤの大きさも、主張が強すぎてバランスが悪いです。

 

② 着用するシチュエーションを考慮する

指輪を会社に着けていけるのか、遊びの時の服装に似合うデザインなのか。普段使いするかどうかは購入前に決めておくと良いです。なんとなく、憧れのブランドで買ってもらった婚約指輪が、全然出番なく箱に閉まったままという人も少なくありません。

普段使いするなら、洋服に引っ掛かりにくいデザインであることが条件になります。覆輪止めと呼ばれる、ダイヤの周りを金属でぐるっと囲っている少しアンティークなデザインなら、指輪自体の高さも出にくく、使いやすいです。デメリットとしては、立爪よりもダイヤに当たる光の量が減るため、輝きが減るということ。

 

③ 流行の形

上記2点を踏まえて選んでいただきたいですが、今流行の形も気になりますよね?

メインダイヤの周りをメレダイヤと呼ばれる小さなダイヤで取り巻いているデザインが一番人気だそうです。おばあ様から譲り受けた立爪の指輪を、リフォームでこの人気の形に変えられるオーダーも多いとのこと。

アームの部分もエタニティのダイヤが連なっているものにすると、ぐっと豪華に見えます。高さを抑えたデザインにもできるので、さりげなくデニムに合わせるのもおしゃれですよね。

あとはオーソドックスな立爪のものも良いですよね。ダイヤの大きさを0.2カラットくらいにすれば主張を抑えられます。そして、プラチナだけではなく、肌なじみが良いピンクゴールドを選ぶ人も増えてきています。アンティーク風も根強い人気なので、どこかにミル打ちを使ったデザインなども素敵ですね。

お気に入りの指輪を探して

 

デザインや金額で妥協してはいけない婚約指輪。

一生つけるもの、それ以上に贈られたときの思い出は一生ものです。

後悔のないように、いつつけても幸せな気持ちになれるような

そんな指輪が見つかりますように☆