Woman life style[ウーマンライフスタイル]|
婚活~お見合い、プロポーズ、結婚まで
女性のライフスタイルごとに紹介するサイト

menu
2018/10/19

結婚したら出産しないと後悔するの??

キーワード , ,

【妊娠・出産するのかしないのか】
婚活から結婚を経て、次に自分の人生の中で重要な選択肢は「妊娠・出産するのかしないのか」ということ。2011年の調査では、第一子出生時の平均年齢が30歳を超えたり、高齢出産・不妊治療といったキーワードを
テレビや雑誌などで度々目にしたりするようになりました。
ただ一方で、婚活も結婚をしない道を選ぶ女性も少なくありません。

 誰でも「これで良かったのかな」と考える夜がある

①このまま仕事ばかりしていていいの?

何不自由なく幸せそうな女性でも「本当にこれで良かったのかな」などと不安になる夜もあるでしょう。
そして、その迷いに囚われすぎないよう、なんとか気持ちをやりくりしているもの。

ところが、「結婚なんてまだまだ先!」とか「彼氏がいなくて」なんて言っていた友人までもが、30歳目前になってくると、急に婚活パーティーに行きだしたり、どこでどうなったのか結婚が決まり、気が付けば既婚者の友人が増えていた…というような話をよく聞きます。
また、結婚と同時に妊娠・出産していた…ということも珍しくありません。

「自分は自分」と思うものの、「私はこのままでいいのか」などさらに悩むこともあるかもしれません。
でも、結婚しても「今は仕事に専念したい」「もっと成長したい」などと考えている時には、妊娠・出産という選択は今は難しいでしょう。

②ただし出産にはリミットがある

結婚・妊娠・出産も含め、一番大切なのは、自分自身が納得して決断することです。
だからこそ、起きた出来事や学んだこと・得られた感情を、感謝してしっかり楽しむことが大切。

そのため、自分の道は自分が理想とするタイミングで構わないのですが、出産はまた別物です。
女性の社会進出やライフスタイルが変化し、高齢出産のケースが増加。

ハリウッドセレブや日本の有名人も「ママタレ」などと呼ばれ、40歳を過ぎて出産をした後も、注目され続けてる女性たちを見ると勇気づけられますが、いくら医療が発達したとはいえ、医学的には、高齢出産の際に母子にかかるリスクがなくなったわけではないようです。

そのため、多少なりとも出産や子育てへの憧れがあるなら、父親になる覚悟はあるのかなどを、彼氏に聞いて真剣に話し合ってみることが大切です。

結婚も出産も1人でできない
出産は自分1人で考えてもどうにもならないもの。
結婚・妊娠も同様ですが、出産は、男女問わず誰もが少なからず悩み考える問題です。
そして、結婚も出産も1人でできることではありません。
そのため他の事と違い、全て自分の思い通りや予定通りというわけにはいきません。
今までは自分で決断をし、一生懸命努力をして、なりたい自分を手に入れてきたことでしょう。
何事も頑張って努力をすれば、大抵のことは叶うチャンスがあるはず。
でも、結婚・特に出産は、思い通りにいかないことの1つかもしれません。
計画を立てて目標を達成したり、努力をして願いを叶える強さや賢さは必要ですが、出産に関しては、自分だけではなくパートナーである彼氏としっかり想いを共有し、時には「自然の成り行きに身を任せる」ということも大切でしょう。