Woman life style[ウーマンライフスタイル]|
婚活~お見合い、プロポーズ、結婚まで
女性のライフスタイルごとに紹介するサイト

menu
2020/10/16

長引くコロナで結婚式はどうする?

キーワード , , , ,

秋になってまたコロナがジワ増えしていますね。冬にかけては第3波が来ると言われています。年明けになってもどうもアヤシイ感じですよね…。

結婚を夢見る婚活女性や婚約中のカップルにとって、この先に

 さまざまな結婚式のカタチ

●フォトウエディング

「結婚式はできないかもしれない、でもドレスは着たい…思い出を残したい!」と願う女性は多いもの。そうした希望が多く、フォトウエディングのサービスが今活況しているそう。

費用を抑えてドレスや着物が楽しめて、ロケーション撮影などで華麗な写真を撮影することも可能です。秋は紅葉、冬は夜景をバックに撮影できるコースもありますから、美しい思い出を残すことができますね!

●家族だけでお祝い

ごくごく身内だけで楽しむお祝いです。神社やチャペルで式を挙げ、家族のみで結婚を祝います。

●近隣の親族のみの結婚式

他県から人を呼ぶことが難しい時期ですから、近隣の親族や友人だけを集めた、小規模な式を挙げるパータンもあります。参加しやすく、人も限られますから三密を避けることができます。

●開放的な空間での結婚式

露天、船の上など、風通しがよく三密にならない環境で式を挙げる男女も増えています。

 

 まとめ

結婚式は幸せな姿を見せることで周りの人に感謝を伝える儀式。それがなんらかのトラブルにさらされたり、祝福されない状況だとかなしいですよね。

「一生に一度の晴れ姿!華やかな結婚式が夢だったから、みんなを集めてお祝いしてもらいたい」と願う花嫁さんの願いはもっともですが、あまりカタチにとらわれすぎないようにしましょう。

とはいえ、いまは式場・プランナーもコロナ対策を徹底していますから、結婚式自体を諦める必要はありません。世相を見ながら納得のいくあなたなりのカタチを見つけてみてください。