Woman life style[ウーマンライフスタイル]|
婚活~お見合い、プロポーズ、結婚まで
女性のライフスタイルごとに紹介するサイト

menu
2020/02/14

結婚のための「印鑑」マメ知識①

キーワード , , , ,

待ちに待った結婚♥ 大好きなカレと同じ苗字になるなんてドキドキしちゃいますね♪

さて、結婚の手続きの中で、新しく必要になるのが「印鑑」

今日は意外と知らない「印鑑」の基本知識をご紹介します。

 印鑑の種類

・実印

実印とは役所に登録した正式な判子のことをいいます。
判子を登録することを「印鑑登録」といい、その判子を実印と呼びます

実印は主に土地の購入、遺産相続、ローンを組むなど、大きな金・モノが動くときや大切な契約を交わす際に「確実に本人である」ことを確認するために用いられます。

「自分を証明する印鑑」なので苗字が一緒だからといって、家族で一本の印鑑を実印登録することはできません。一人一本持つようにしましょう。

非常に重要な印鑑なので、安易に押さないように注意しましょう!

・銀行印

金融機関、キャッシュカード、公共料金や携帯電話の引き落とし手続きになどに利用する印鑑です。実印より小さめに作るのが一般的です。実印とともに重要な印鑑となります。

・認印

転入届や国民保険、運転免許証、パスポートなどに利用する印鑑です。婚姻届けに押すのもこれです。実印・銀行印よりさらに一回り小さくなります。

・三文印、シヤチハタ

上記三つの印鑑は偽造される可能性があるため安易に押すべきものではありません。宅配の受け取りなどには安価な印鑑を利用しましょう。この安い素材で朱肉を利用する印鑑を三文印と呼びます。

朱肉を利用しないゴム製のシヤチハタも普段使いにピッタリです。

 印鑑の形

実印として認められるのは「8mmの正方形に収まらず、25mmの正方形からはみ出さない」サイズとなっています。大きすぎても小さすぎてもだめなんですね。女性の一般的なサイズは15~13.5mmだそう。銀行印や認印はそれに合わせたサイズにします。

輪郭「ワク」は丸、四角、楕円と自由ですが、無かったり欠けているものは利用できません。実印・銀行印ではシャチハタなどの変形するゴム印も使用ができません。

公的書類に押す印鑑はシヤチハタ禁止が多いので、認印も朱肉を使う印鑑をおすすめします。

※自治体によって基準が違うのでお住いの自治体に確認してみてください。

印鑑のいろは
いかがでしたか? 独身の若い女性は実印をお持ちでない方もいますよね。銀行印、認印なども分けずに印鑑は一つだけ、という方もいるかと思います。結婚するこの機会に、彼の苗字と同じ実印・銀行印・認印をそろえるのも良いでしょう。

きっと一生使える大事な印鑑になりますよ(*‘∀‘)