Woman life style[ウーマンライフスタイル]|
婚活~お見合い、プロポーズ、結婚まで
女性のライフスタイルごとに紹介するサイト

menu
2019/05/24

女性が調子を崩しやすい「3つの年代」

年齢と身体の変化

「思春期」という言葉があります。

10代前半、第二次成長期とともに多感な精神状態になることは

よく知られていますね。

 

思春期を過ぎ、大人になってからも

女性には、精神的に不安定になったり身体の調子を崩しやすい

「ある年代」が存在するのは知っていますか?

今日はその「3つの年代」をまとめました。

 

 20歳前後

18歳~22歳頃。

10代前半にはまだ安定していなかった

体つき・ホルモンバランスが整ってくるころ。

 

高校卒業後は、仕事・進学と様々な道が開かれます。

20歳からは晴れて「成人」として

『子どもから大人』へと変わります。

「将来」に真正面から向き合う時期でもあります。

まだ幼い自分と、成長を求められる自分とのギャップや

環境の目まぐるしい変化に精神を揺さぶられ

体調を崩しやすいときなのです。

 

古来より19歳は「厄年」され、災厄を受けやすく

「心身の不調に気を付けるべき時期」と伝えられています。

 

 30歳前後

27歳~33歳頃。いわゆるアラサー。

激動の20代前半を過ぎ、大人としての考え方・振る舞いを身につけ

仕事も落ち着いてきたころ。

 

「教わる・指導を受ける」立場だった時期が終わり

後輩や部下に「教える・指導する」立場も任され始めます。

「自分」で手一杯だった心境に変化が訪れ

「家族」をつくり「親」になることを強く意識して

結婚というステージへと移行する人も増えます。

 

「あの子もこの子も結婚しちゃった。

私も20代で絶対に結婚したい! はやく婚活しなきゃ!!」

「みんな結婚して幸せそうだし、親からも『結婚しろ』と責められるけど

妻になるとか親になるなんて、ピンとこない…私って変なのかな?

「仕事を極めたいし、結婚して子どもも欲しい。

でも、子どもを育てながら続けられる仕事じゃないし…」

と、周りとの違いに酷くあせったり、深く悩んだりします。

 

早くに結婚した人は出産・育児という

新しいライフステージを迎える頃でもあります。

女性がさまざまな変化に激しく翻弄されるときなのです。

 

33歳は「大厄」とされています。

昔から「人生の中で一番、心身の変動に悩まされる年頃」と認識されていたんですね。

 

 45歳以降~

「ミッドライフ・クライシス」という言葉をご存知でしょうか?

「中年の危機」「大人の思春期」とも言われ

この年代に訪れる精神的危機を指します。

 

結婚・出産を経験した女性は

「この人と結婚して正解だったのか」「育児はこれで良かったのか」

「結婚によりキャリアが途切れたのではないか」

シングルで生きてきた女性は

「仕事に突き進んできたことは、果たして正しかったのか」

…と、これまでの生き方に思いをはせ、後悔に似た感情に悩まされます。

「本当にこの人生で良かったの?」という命題に突き当たってしまうのです。

ホルモンのバランスが崩れ、更年期障害にも直面する人も出てきます。

体力的にも精神的にも、浮き沈みの著しい時期。

 

心理学的にも「生の転換期」と呼ばれ、ここで悩むのはむしろ正常な事。

この時期を乗り越えることで、その先に続く人生がより良いものになっていきます。

 

 健康で楽しい人生を

いかがでしたか? 女性が心身ともに「崩れやすい」ときと「その理由」をご紹介しました。

ホルモンバランスの変動、結婚・出産・育児といったライフステージの変化

「私の進んできた道はこれでよかったのかな?」と過去を見つめ返す時期など…。

なにか不調を感じたときは、無理せずに休息したり、専門家に相談してくださいね。

適度にストレス発散し、定期的に検診を受けるなどして

自分のココロとカラダとうまく付き合っていきましょう!