Woman life style[ウーマンライフスタイル]|
婚活~お見合い、プロポーズ、結婚まで
女性のライフスタイルごとに紹介するサイト

menu
2020/01/24

適度な手抜きを!たまにはサボろう

キーワード , , , , , ,

なにかと忙しく息苦しい現代女性…

アラサー独身だと「結婚は?」と聞かれ、婚活すれば「婚活なんて危なくない?」と言われ

結婚すれば「子供は?」と聞かれ…

仕事をしていると「子供がかわいそう」専業主婦だと「イマドキはみんな共働きだよ!」と責められ…

介護や家事育児、ご近所さんとの付き合いも、なにかと女性に押し付けられがちな現代

カチカチに固められた価値観の中で生きていくの、しんどくないですか?

さぼりは悪か?

日本人は真面目な人が多く、人の目をとても気にします。

「立派な社会人でいなければならない」「なんでもこなせる妻でなくてはならない」と自分で自分をがんじがらめにしている女性は多いのです。

しかし完璧を求めるあまり、忙しさへのいら立ち、達成できない落ち込みなどから、人と対立してしまったり、うつ病などにかかってしまう場合も…?

真面目に頑張りすぎるのも考え物もの。周りの迷惑にならない程度ならば「さぼり」は必要なんです。

 罪悪感なく手を抜こう

●手作りじゃなくてもいい!

「料理上手であれ、手作りは最高である」という女性への呪縛は大きいですよね。でも忙しいときには外食や出前、レトルト、冷凍食品をうまく取り入れることも大切なんです。

必死に作って片付けて…をイライラしながらやっていたら意味ないですもんね(;’∀’)

●綺麗にしすぎなくてOK

日本人は綺麗好き。毎日のように掃除機をかける人も多いんだとか。でも完璧にあちこち磨き上げなくても、普段は見える範囲をとりあえず綺麗にしておけばいい、くらいの感覚でいると楽ちんですよ。

週一、隔週、月一でしっかりと掃除をして、汚れがこびりつかないように注意をしていたら、そこまで毎日の掃除にこだわることはないんです。

●洗濯をたたむ必要ある?

洗濯物を一枚一枚綺麗にたたんで…アイロンをかけて…収納して…かなりの手間と時間がかかりますよね。「ちゃんとたたまれた洋服じゃないと着たくない」という人もいます。

最近はハンガーにかけたまま収納できるアイテムや部屋も多いですよね。「たたむ」「しまう」の時間が短縮できます。洗濯物が乾いたらそのままかけておいて、着るときにヒョイっと持ち出すのも気軽ですよ。

生活にゆとりを
いかがでしたか?最近の女性向け雑誌には「時短」「手軽」という言葉をよく見ますね。

手間暇とコストをかけるよりも、無理なく生活していくことが重要視されているんですね。結婚したり、家族が増えたり、年齢を重ねるごとに、家事スキルよりも「手抜きスキル」のほうが重宝するようになるかも?

頑張るところは頑張って、適度にさぼれる部分は手を抜いて、毎日を乗り切っていきましょうね!