Woman life style[ウーマンライフスタイル]|
婚活~お見合い、プロポーズ、結婚まで
女性のライフスタイルごとに紹介するサイト

menu
2021/05/07

バツイチは珍しくない!再婚を目指して

キーワード , , , , , , , ,

知ってましたか? 今や「入籍する男女の四組に一組は再婚」なんです!年間で婚姻届けを出すカップルのうち「再婚同士」「離婚歴あり・初婚」の組み合わせが25%ほどを占めている現代。

初婚年齢が上がり続けて若年層の結婚や出産が減る一方、…「一度結婚した経験のある男女」が再び相手を見つけて結婚する割合は年々微増傾向にあるんですね。

 

再婚はもう珍しいことではない

若年層はもとより熟年離婚の増加もあり、近年は「既婚者の三組に一組は離婚する」とも言われていますね。死別はともかく離婚は「戸籍が汚れた」「バツイチなんて恥ずかしい」「失敗」というマイナスイメージを持っている方も以前は多かったことでしょう。

一度は生涯連れ添うことを誓った相手との離婚は、周囲にインパクトを与えますし本人も疲弊します。「自分に結婚は向いてない」と考える方も出るかと思います。それでも「もういい」とはならずに多くの方は再婚を目指し、そして実際に新しい伴侶を得ているのです。

もしも結婚したことや離婚を本気でネガティブに考えているのなら、再婚しようとは思わないでしょう。結婚でのメリットがあると思えていなければまた多くの手間をかけてまで入籍にはいたらないはずです。たとえ離婚してしまったとしても、やはり「結婚」というものはそれだけ魅力的なものなのです。

何度も何度も離婚を繰り返していたり、結婚という制度自体を軽く考えているようでしたら問題があるかもしれませんが、今は一度や二度の離婚でしたらそう問題視されなくなっているんですね。

バツイチ・シングル理解者向けの婚活も!

「バツイチ男性はモテる」「バツイチ女性は魅力的」「高齢の初婚よりは婚姻歴ありやシングルのほうがいい」という声もありますよね。離婚歴は決してデメリットだけではないのです。

現代はその人の年齢・状況に応じたさまざまな婚活ツールも充実していますし、出会いの場も用意されています。たとえ離婚歴があったとしてもそれを恥じることはありません。「恥ずかしい」と自分で自分に制限をかけてしまうことほどもったいないことは無いんです。時間は有限で過去には戻れませんから、将来のことだけを見据えて頑張っていきたいですね!

まずは参加を!
● バツイチ・シングル理解者向けの婚活パーティーはこちらから