Woman life style[ウーマンライフスタイル]|
婚活~お見合い、プロポーズ、結婚まで
女性のライフスタイルごとに紹介するサイト

menu
2020/08/22

夏のスキンケア日焼け対策

キーワード , ,

季節はすっかり夏!
暑い日々が続きますがスキンケアはされていますでしょうか?
夏の日焼けは後々響いてくる遅効性の毒のようなもの…今回は夏のスキンケアについてご紹介いたします。
油断せずまいりましょう。

日焼けによる害

一昔前は小麦色に焼けた健康的な肌が夏のパリピのステータスで、サザンも「焼けたサンタンの肌」なんて歌っていましたが…今は日焼けによる害が発見されて、わざわざサンオイルを塗って日焼けするなんてとんでもない!どうしても焼きたいなら日焼けサロンで人工的に!という風に意識が変わってきました。
日焼けをするとどうなるのか。
即効性の部分でいうと肌がひりひりします。特に色白の方は小麦色にならずに赤焼けしてしまい当日のお風呂すら水がしみて地獄を見ることも。というのもこれは軽いやけどのようなものだからですね。じりじりと太陽であぶり焼きにされているようなものなのです。
また、紫外線による発がん作用やシミやしわが年を取るにつれ浮いてくるなどといった問題もあります。
女性にとっては恐ろしい事ですよね。

日焼け対策

まず日焼け止め、これは欠かせません。べたつかないタイプも最近は多いので、こまめに塗りましょう。
また、女性の場合はUV対策効果のあるファンデーションや化粧下地なども併用するとなおよし。
夏は暑いので薄着になりがちですが、薄手の羽織物や透け感のあるショール等涼しく見せる工夫をして物理的に肌を日差しから守るのも重用です。
最近の新型コロナウィルスの影響もあり日傘も年代や性別を問わず再注目されるようになりました。
コンパクトに折りたためる日傘は女性の夏の必須アイテムではないでしょうか。
そうは言ってもうっかりしてしまうこともあります。日焼け後は72時間以内にアフターケアを行うことで多少のリカバリーをはかれるようですよ。